【将棋用語】
置く

将棋用語一覧リンク


「置く」の詳細

将棋用語
置く
読み方
おく
説明
持ち駒を打つこと。
「打つ」よりも「とりあえず」という意味合いが少し強くなる。持ち駒の飛車を敵陣に打ったり、相手玉の退路を封鎖するような駒を打ったりする手が、現状では必須でないため後回しすることもできるが、他に有力な手も見当たらないため指すという場合に多く使われる。
用例
【将棋用語】穴熊の近くに金駒を「置く」局面

[図1]

上の [図1] は、後手の穴熊に対して、先手からの早い攻めはない。そのため、攻めの足掛かりとして▲4三銀と「置いておく」。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -