【将棋用語】
詰めろ

将棋用語一覧リンク

「詰めろ」の詳細

将棋用語
詰めろ
読み方
つめろ
説明
相手に王手がかかっておらず、かつ、次の手番で相手玉を詰ますことができる状態。
詰めろがかかっている側がどのような受けの手を指しても、その次に詰みを回避できない場合、その詰めろは「必至(ひっし)」と言われる。
用例
【将棋用語】様々な「詰めろ」がかかる部分図

[図1]

上の [図1] は、持ち駒を打って、相手玉に対して6種類の「詰めろ」をかけることができる。

【将棋用語】金を打ってかかる「詰めろ」

[図2]

[図1] から持ち駒の金を打って、相手玉に「詰めろ」をかけることができるのは▲2三金だけである(上の [図2] )。次に▲2二銀と打てば詰みとなる。但し、△3一玉と逃げられると、▲2二銀や▲3二銀と打って王手をしても、△4二玉とさらに逃げられて捕まらなくなる。つまり、▲2三金の「詰めろ」は厳しい手とは言えない。

【将棋用語】銀を打ってかかる「詰めろ」

[図3]

[図1] から持ち駒の銀を打って、相手玉に「詰めろ」をかけることができるのは▲1一銀、▲1三銀、▲2三銀、▲3一銀、▲3三銀の5通りである(上の [図3] )。いずれも、次に▲2二金と打てば詰みとなる。
但し、▲1一銀と▲3一銀は△同玉と取られて銀がただである。また、▲1三銀は△3二玉、▲3三銀は△1二玉と逃げられると捕まらなくなる。
(相手が持ち駒を持っていない場合) [図1] から「必至」となる「詰めろ」は▲2三銀だけである。△3一玉と逃げても▲3二金と打てば詰みである。
関連用語
関連手筋

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -