【将棋用語】
遊び駒

将棋用語一覧リンク


「遊び駒」の詳細

将棋用語
遊び駒
読み方
あそびごま
説明
攻めにも受けにも役に立っていない盤上の駒のこと。「死に駒」と同じ意味。
玉の位置と反対の端に追いやられた金駒や、歩で駒の利きを止められてしまって1~2手では活用できない竜や馬について言われることが多い。
用例
「遊び駒を活用する。」
「遊び駒を作らないように駒組みを進める。」
【将棋用語】「遊び駒」が存在する局面

[図1]

上の [図1] は駒の損得はないが先手優勢である。まず、後手の6二飛が攻めに効いておらず、また攻められやすい位置にいるため「遊び駒」となっている。次に、後手の9九の馬が、自陣に引けず、強引に活用しようとすると△9八馬→△9七馬と2手もかかるため「遊び駒」となっている。最後に、後手の9五の銀が、棒銀にも使えず、囲いにも近づけられないため「遊び駒」となっている。
このように「遊び駒」が多いと、有効な指し手も少なくなり、逆転しづらい形勢となりやすい。
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -