【将棋用語】
邪魔駒

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「邪魔駒」の詳細

将棋用語
邪魔駒
読み方
じゃまごま
説明
自分の飛車や角などの利きを妨げているか、あるいは持ち駒を打ちたいマスにある自分の駒。
ルール上、取ることも、持ち駒を(重ねて)打つこともできず、むしろない方がよい駒となる。このような駒を動かすことを「邪魔駒消去」と言う。
用例
【将棋用語】「邪魔駒」を成り捨てる手筋のある詰将棋

[図1]

上の [図1] は、3手詰めの詰将棋。もし、2三にいる香がいなければ、▲2三桂と打って1手詰めである。つまり2三にいる香が「邪魔駒」なので、これを移動する手から考えたい。▲2一香成は、桂を取ることはできるものの、玉が端から出てきてしまうと持ち駒が桂2枚では詰まない。よって、初手は▲2二香成が正解。△同角の1手に▲2三桂で詰みとなる。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -