【将棋用語】
開き王手

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「開き王手」の詳細

将棋用語
開き王手
読み方
あきおうて
説明
盤上で対局者Aの飛車(竜)・角(馬)・香と、対局者Bの玉の間に、対局者Aの駒が1枚あるときに、対局者Aがその間にある駒を動かして、飛車(竜)・角(馬)・香による駒の利きで王手をかけること。
相手が王手を受けている間に、動いた駒(間にいた駒)が攻防に働いてくることも多い。飛車(竜)・角(馬)・香の配置された詰将棋でも、たまに見られる手筋。
用例
「開き王手の筋があるので、あらかじめ玉を早逃げしておく。」
【将棋用語】「開き王手」で詰みとなる局面

[図1]

上の [図1] は▲3二歩成とすると、3三にいた「歩」を動かしたにもかかわらず、4四にいる「角」の利きで王手となる。この局面の「開き王手」は「と金」が拠点となって残るため、△1二玉 ▲2二角成で詰みとなる。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -