【将棋用語】
頓死

将棋用語一覧リンク

「頓死」の詳細

将棋用語
頓死
読み方
とんし
説明
最善手で対応していれば詰まなかった王手に対して、応手を間違えて詰まされてしまうこと。あるいは詰めろをうっかり見落としたために詰まされること。
特に、形勢が良かった方が、その状態になって勝ち負けが逆転する場合に使われる。
用例
【将棋用語】羽生善治 四冠が1手詰みの「頓死」で負けた対局の投了2手前の局面

[図1]

上の [図1] は、2001年9月1日に行われた第14期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局「羽生善治 四冠 vs 木村一基 五段」の終盤。先手の羽生四冠が勝勢で、木村五段が最後のお願いとして△5六銀と王手をかけた局面。ここで▲7六玉や▲6六玉と指しておけば全く問題はなかったが、羽生四冠の指し手は▲6四玉!
唯一、詰んでしまう所へ玉が動いたため、△6五飛の1手詰めを食らって「頓死」した。
【将棋用語】中川大輔 七段が「頓死」で羽生善治 王座・王将に負けた対局の局面

[図2]

上の [図2] は、2007年10月14日に放送された第57回NHK杯将棋トーナメント2回戦「羽生善治 王座・王将 vs 中川大輔 七段」の終盤。先手の羽生王座・王将が敗勢で、△1九竜と指せば勝ちは揺るがなかったが、中川七段の指し手は、飛車を取る△2六歩。これで後手玉に17手詰みの変化が生まれてしまい、「頓死」して大逆転となった。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -