【将棋用語】
頭金

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「頭金」の詳細

将棋用語
頭金
読み方
あたまきん
説明
相手玉の1つ前方のマスに金を打つこと。または、それで詰みの状態となること。
相手がこの金を取り返すことができない場合、金の利きによって、相手玉は下がるしか手がなく、最も下の段に相手玉が位置しているときは詰みとなる。最も基本的な詰みの形が「頭金」であると言える。
用例
【将棋用語】「頭金」で玉が詰む局面

[図1]

上の [図1] は、先手が▲5二金として「頭金」を打てば後手玉が詰みである。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -