【将棋用語】
顔面受け

- スポンサーリンク -

将棋用語一覧リンク

「顔面受け」の詳細

将棋用語
顔面受け
読み方
がんめんうけ
説明
玉の上部から攻められている際に、玉が上がって受けること。
一見、無謀なようであるが、玉の守備力や機動力は金銀以上に高いため、相手の攻めが細ければ受け切れることもある。
用例
【将棋用語】「顔面受け」と言われる受け方をする局面

[図1]

上の [図1] は、後手から玉頭を攻められているが、守備駒が少ないので突破されそうな状態である。ここは、いくつか指し手があるものの▲8七玉と前進していくと「顔面受け」と言われる受け方になる。玉は大駒を除くと最も多くのマスに移動できる機動力の高い駒であるが、その分、守備力も高い。数で足りていないとすぐに負けてしまう危険性もあるが、すぐに寄る筋がなければ逆に安全になる場合もある。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -