【将棋用語】
駒柱

将棋用語一覧リンク


「駒柱」の詳細

将棋用語
駒柱
読み方
こまばしら
説明
いずれかの筋のすべてのマスに駒がある状態。
珍しい形であり、「成立すると縁起が悪い」という俗説もあるが、お互いに粘っている熱戦であることが多いが、一歩間違えれば泥仕合になりやすいことも影響しているかもしれない。
用例
【将棋用語】第23期銀河戦本戦Fブロック2回戦「八代 弥 四段 vs 今泉 健司 アマ」で「駒柱」が完成した局面

[図1]

上の [図1] は、第23期銀河戦本戦Fブロック2回戦「八代 弥 四段 vs 今泉 健司 アマ」の終盤戦で、93手目に先手の八代四段が▲8九玉と指した局面。8筋に「駒柱」ができている。この局面でも既に熱戦がうかがえるが、この後80手も勝負が続いた。
【将棋用語】第76期順位戦A級プレーオフ「久保利明 王将 vs 豊島将之 八段」で1種類目の「駒柱」が完成した局面

[図2]

上の [図2] は、6人で名人戦挑戦をかけたプレーオフとなり話題となった初戦、2018年3月4日に行われた第76期順位戦A級プレーオフ「久保利明 王将 vs 豊島将之 八段」の終盤戦で、137手目に先手の豊島八段が▲8四歩と打った局面。8筋に「駒柱」ができている。そして、さらに熱戦続き、この後も…
【将棋用語】第76期順位戦A級プレーオフ「久保利明 王将 vs 豊島将之 八段」で2種類目の「駒柱」が完成した局面

[図3]

上の [図3] は、[図2] に続き、第76期順位戦A級プレーオフ「久保利明 王将 vs 豊島将之 八段」の終盤戦で、144手目に後手の久保王将が△8二玉と上がった局面。8筋に2度目の「駒柱」ができている。そして、さらに熱戦続き…
【将棋用語】第76期順位戦A級プレーオフ「久保利明 王将 vs 豊島将之 八段」で3種類目の「駒柱」が完成した局面

[図4]

上の [図4] は、[図3] に続き、第76期順位戦A級プレーオフ「久保利明 王将 vs 豊島将之 八段」の終盤戦で、147手目に先手の豊島八段が▲8三歩と打った局面。8筋に3度目の「駒柱」ができている。「駒柱」はぶつかっている駒が多いため、すぐに解消されることが多いが、1つの対局で3種類の「駒柱」が出現することは珍しい。非常にハイレベルな熱戦であったことが分かる。
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -