【将棋手筋】
ダンスの歩

手筋一覧リンク

「ダンスの歩」の詳細

手筋名称
ダンスの歩
読み方
だんすのふ
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
連続で歩を打ったり、成り捨てたりしながら、歩の拠点を作って、相手の駒を攻めること。
主に相手の金銀の連携を崩すことが狙いとなり、金と銀が横に並んでいる形で、銀の前が急所となることが多い。
好手例
【将棋手筋】「ダンスの歩」で駒得をすることができる部分図

[図1]

上の [図1] は、後手陣が金銀3枚でしっかりと守られており、先手も持ち駒には歩が3枚しかない。一見すると、攻めはないように思えるが、ここで▲4三歩成が好手。対して、△同銀は▲4四歩で銀の逃げ場がない。また、5二にいる金で取る△同金右は▲4四歩 △3三金 ▲3四歩 とすると金の逃げ場がない。よって、3二にいる金で取る△同金左となるが、▲4四歩 △3三金 ▲3四歩 △3二金の後に、再度▲4三歩成とする。今度は、最初と違って3四に歩がいるので、何で取っても▲4四歩で金駒の逃げ場がない。このような一連の「ダンスの歩」で駒得をすることができた。
関連用語
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -