【将棋手筋】
ロケット

手筋一覧リンク

「ロケット」の詳細

手筋名称
ロケット
読み方
ろけっと
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
同じ筋に、いずれかの香や飛車が縦に並んだ形。
2枚の場合は「2段ロケット」、3枚の場合は「3段ロケット」のように言われることもある。
単純な攻めのようだが、非常に破壊力が高い。
好手例
【将棋手筋】「ロケット」で穴熊攻略を図る部分図

[図1]

上の [図1] は、先手が飛香香の「3段ロケット」で後手の穴熊に狙いを定めている。現状で詰みや寄りはないものの、穴熊を崩しながら、1筋を突破して飛車を成ることはできる。
尚、先手にもう1枚香があれば▲1九香とさらに1枚足して「4段ロケット」にしておけば、後手は寄り筋である。
【将棋手筋】第24期竜王戦七番勝負 第4局「渡辺明 竜王 vs 丸山忠久 九段」の対局で「ロケット」が実現した局面

[図2]

上の [図2] は、2011年11月24日から25日にかけて行われた第24期竜王戦七番勝負 第4局「渡辺明 竜王 vs 丸山忠久 九段」の対局で、102手目に後手の渡辺竜王が△8四香打として「3段ロケット」を完成させた局面。△5五歩と角を取ることはできたが、それでは攻め合い負けするため、強力な攻撃態勢を整えることを優先した。
【将棋手筋】2011年6月17日に行われたB級2組順位戦「杉本昌隆 七段 vs 戸辺誠 六段」の対局で「ロケット」が実現した局面

[図3]

上の [図3] は、2011年6月17日に行われたB級2組順位戦「杉本昌隆 七段 vs 戸辺誠 六段」の対局で、125手目に先手の戸辺六段が▲3六香打として「4段ロケット」を完成させた局面。現局面は後手優勢であるが、先手は強力な攻撃態勢を整えて、相手にプレッシャーをかけている。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -