【将棋手筋】
尻金

手筋一覧リンク

「尻金」の詳細

手筋名称
尻金
読み方
しりきん
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
相手玉の真後ろに打つ金のこと。
王手ではあるが、頭金と異なり、金の駒の動きからすると効率が悪い使い方である。しかし、玉が上部に逃げられない場合は、相手の一段飛車との組み合わせで詰みになることもある。
好手例
【将棋手筋】「尻金」を打って玉が詰む部分図

[図1]

上の [図1] は、▲3一金と「尻金」を打てば後手玉は詰んでいる。以下、△2二玉 ▲2一金 △1二玉 ▲1一金 △2二玉 ▲2一飛成までとなる。
関連手筋

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -