【将棋手筋】
底歩

手筋一覧リンク

「底歩」の詳細

手筋名称
底歩
読み方
そこふ
主な関連駒
出現頻度
★★★☆☆
説明
対局者から見て一番手前の段に歩を打つこと。
特に他の駒を連携がある場合に使われる。
横からの飛車の攻めに対して有効な受けとなる場合が多く、金の下に打つ最下段の歩は「金底の歩、岩よりも堅し」という格言もあるくらい効果的である。
好手例
【将棋手筋】「底歩」で竜の王手を防ぐ部分図

[図1]

上の [図1] は、後手の9九にいる竜によって王手がかかっている。ここで▲7九歩、▲6九歩、▲5九歩、▲4九歩のように「底歩」を打つと安い駒でしっかりと受けることができるので効果的である。
尚、▲8九歩と▲3九歩も一応「底歩」ではあるが、△同竜とタダで取れるため、「底歩」と言われることはほとんどなく、大駒を近づけて受ける意味合いがあれば「歩の犠打(ぎだ)」「歩のタダ捨て」「歩の中合い(ちゅうあい)」のように言われる。
また、▲2九歩も一応「底歩」ではあるが2歩なので反則負けとなる。「底歩」を打つ時も打った後も、二歩には注意する必要がある。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -