【将棋手筋】
開き王手

手筋一覧リンク

「開き王手」の詳細

手筋名称
開き王手
読み方
あきおうて
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
盤上で対局者Aの飛車(竜)・角(馬)・香と、対局者Bの玉の間に、対局者Aの駒が1枚あるときに、対局者Aがその間にある駒を動かし、飛車(竜)・角(馬)・香による駒の利きを通して王手をかけること。尚、動かした駒でも王手がかかり、2つの駒によって王手がかかっている場合、特に「両王手」と言われる。
相手が王手を受けている間に、動いた駒(間にいた駒)が攻防に働いてくることも多い。飛車(竜)・角(馬)・香の配置された詰将棋でも、たまに見られる手筋。
好手例
【将棋手筋】「開き王手」で詰みとなる部分図

[図1]

上の [図1] は▲3二歩成とすると、3三にいた「歩」を動かしたにもかかわらず、4四にいる「角」の利きで王手となる。この局面の「開き王手」は「と金」が拠点となって残るため、△1二玉 ▲2二角成で詰みとなる。
【将棋手筋】「開き王手」で王手飛車取りがかかる部分図

[図2]

上の [図2] は▲2四角成とすると、1三にいた「角」を動かしたにもかかわらず、1四にいる「香」の利きで王手となる。この局面の「開き王手」は王手飛車取りとなっている。後手は王手を受けなければならないため、先手はその間に飛車を取ることができる。
【将棋手筋】第66期王座戦五番勝負 第2局 中村太地 王座 対 斎藤慎太郎 七段の対局で「開き王手」で詰みとなった局面

[図3]

上の [図3] は、2018年9月20日に行われた第66期王座戦五番勝負 第2局 中村太地 王座 対 斎藤慎太郎 七段の138手目に後手の斎藤七段が8五にいた桂を▲7七桂成と動かした局面で、先手の中村王座が投了した。8五の桂がいなくなったことにより、8一の飛車の利きで先手に王手がかかっていて「開き王手」となっている。投了図以降、▲7七同玉 △6七成銀 ▲7六玉 △6六金のような詰みがある。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -