【将棋手筋】
頭金

手筋一覧リンク

「頭金」の詳細

手筋名称
頭金
読み方
あたまきん
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
相手玉の1つ前方のマスに持ち駒の金を打つこと。または、それで詰みの状態となること。
相手がこの金を取り返すことができない場合、金の利きによって、相手玉は下がるしか手がない。しかし、玉を下がることができなければ詰みとなる。最も基本的な詰みの形が「頭金」であると言える。
好手例
【将棋手筋】下段にいる玉が「頭金」で玉が詰む局面

[図1]

上の [図1] は、先手が▲5二金として「頭金」を打てば後手玉は詰みである。玉で金を取り返すことはできないし、玉が動けるマスはすべて金で取られてしまう。 【将棋手筋】中段玉が「頭金」で玉が詰む局面

[図2]

上の [図2] は、先手が▲2五金として「頭金」を打てば後手玉は詰みである。しかし、金ではなく、▲4四飛・▲2五銀・▲3六桂・▲2五香のような手では△3五玉とかわされて詰まない。▲2五飛・▲4六角の王手は、[図2] のようにたくさんの持ち駒があれば詰むが、それでも玉を逃げられて手数が長くなる。「金はとどめに残せ」という格言もあるが、他の駒と比較をすると金は相手玉を詰ますために優れた駒であることが分かる。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

手筋一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -