横歩取り 4五角戦法対策(22)

将棋講座目次

38手目△6五桂までの概要

横歩取り 4五角戦法対策変化22
このページは、22手目△2三歩>28手目△8七銀>38手目△6五桂の変化(図1)からです。
横歩取り 4五角戦法対策22-1

[図1]38手目△6五桂まで

後手は次に△5四香を狙っています。
そして▲5三飛成に対しても△5二香の受けがあります。

さらに後手からは△9八飛~△8九と~△8八と のような確実な攻め筋もあり、
先手としてはあまりゆっくりしていられません。ここは▲3四香と打ちます。
後手が歩切れのために生じている香打ちです。

ここまでの変化の解説ページリンク

38手目△6五桂~31手目▲6八馬

[図1]から▲3四香(図2)
横歩取り 4五角戦法対策22-2

[図2]39手目▲3四香まで

▲3四香に対して△3三香は▲5三飛成です。
後手は香を手放してしまったため、△5二香と打つことができません。
以下、▲5三飛成に対して、△5二金は▲5六竜、
△5二飛は▲同竜 △同金 ▲8四飛で先手優勢です。

そして、この局面が分岐点です。

「①△3三桂」は盤上の駒を活用して駒損を防ごうという自然な手です。

「②△5四香」は飛車取りと中央突破を目指した攻め合いの手です。


横歩取り 4五角戦法対策ページ一覧

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -