【将棋格言】
居玉は避けよ

格言一覧リンク

「居玉は避けよ」の詳細

格言名称
居玉は避けよ
読み方
いぎょくはさけよ
主な関連駒
出現頻度
★★★★★
説明
居玉は相手に攻められやすく、王手飛車といった角筋の脅威も多いので、しっかりと囲った方が良い、ということ。
藤井システムや角換わりの一部の変化で居玉の方が良いという例外はあるが、矢倉や穴熊などにしっかりと囲った方が圧倒的に負けにくく、中住まいのようなバランス重視の陣形でも1つ玉を上がっておくだけでだいぶ安全度が変わる。
好手例
【将棋格言】「居玉は避けよ」が好手となる局面

[図1]

上の [図1] は、横歩取りの変化の一つで、先手が▲8四飛と回って、後手に8筋を受けさせようとした局面。先手は「居玉は避けよ」で既に▲5八玉と上がっているが、もし居玉(5九)のままだと、△9五角と打つ手が王手飛車取りになる。▲7七歩と飛車取りで受けることはできるが、△8四角 ▲7六歩 △5七角成のように攻め込まれてしまう。玉を1つ動かしておくだけでも、だいぶ安全度が違っていることが分かる。
関連用語
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -