【将棋格言】
攻めるは守るなり

格言一覧リンク

「攻めるは守るなり」の詳細

格言名称
攻めるは守るなり
読み方
せめるはまもるなり
主な関連駒
出現頻度
★★★★
説明
相手に攻められているときに受けてばかりだと、形勢に差が付いていってしまうことが多い。完全に受け切ることは難しいので、時には相手の攻めを手抜いて攻めることも重要だ、ということ。
相手が受けてくれることで、合駒のために持ち駒を減らしたり、相手の攻め方に制約が加わったりする場合も多い。
関連手筋

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -