【将棋格言】
桂の高飛び歩の餌食

格言一覧リンク

「桂の高飛び歩の餌食」の詳細

格言名称
桂の高飛び歩の餌食
読み方
けいのたかとびふのえじき
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
桂は1度跳ねてしまうと元に戻れないうえに、1つ前方のマスは進めない。そのため、歩で簡単に取られてしまうので、桂を跳ねる時には注意した方が良い、ということ。
但し、現在将棋においては、駒損を覚悟で積極的に桂を跳ねて攻めていくことも増えている。
好手例
【将棋格言】「桂の高飛び歩の餌食」で桂を捕らえる基本的な局面

[図1]

上の [図1] は、序盤早々、後手が桂を跳ねてきたので、先手が桂取りに歩を突いた局面。桂以外の駒が攻めに間に合っていないので、後手から継続する攻めはない。後手は桂を逃げることはできないし、桂と交換できる駒も歩しかない。よって、先手は歩で桂を取ることに成功した。「桂の高飛び歩の餌食」が分かる典型的な局面である。
【将棋格言】第3期叡王戦決勝七番勝負第1局 金井六段vs高見六段で「桂の高飛び歩の餌食」を意識して桂を跳ねた局面

[図2]

上の [図2] は、第3期叡王戦決勝七番勝負 第1局 金井恒太 六段 対 高見泰地 六段で、42手目に後手の高見六段が△4五桂と跳ねた局面。「桂の高飛び歩の餌食」とばかりに▲4六歩と突くと、△3七角 ▲同銀 △同桂成となり、後手の駒損だが、先手玉の近くに成駒を作りながら攻め込めるので後手優勢となる。本譜では以降も▲4六歩と突かれることはなかった。桂を跳ねる際には簡単に歩で取られることがないようにしっかりと先を読んでおくことが重要である。
関連用語
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -