【将棋格言】
玉の早逃げ八手の得

格言一覧リンク


「玉の早逃げ八手の得」の詳細

格言名称
玉の早逃げ八手の得
読み方
ぎょくのはやにげはってのとく
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
王手をされる前に、相手の攻め駒から玉を遠ざけておくことで、追い詰めや退路封鎖などの寄せがしにくくなり、その分、手得をしたことと同様の勘定になる、ということ。
さすがに8手という数字を真に受けてはいけないが、勝ち負けに直結するような手である可能性が高い反面、見落としやすいので、攻め合いになっているギリギリの終盤戦ではしっかりと意識しておいた方が良い。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -