【将棋格言】
玉は敵の角筋を避けよ

格言一覧リンク

「玉は敵の角筋を避けよ」の詳細

格言名称
玉は敵の角筋を避けよ
読み方
ぎょくはてきのかくすじをさけよ
主な関連駒
出現頻度
★★☆☆☆
説明
相手の角筋は「こびん攻め」という手筋で、歩や桂などの安い駒を使った効果的な攻めをされる可能性が高くなるため、あらかじめ角筋に入らないように自玉を移動した方が良い、ということ。 「角筋は受けにくし」という格言もあり、こちらは玉に限定している訳ではないが、ほとんど同じ意味合いである。
好手例
【将棋格言】第43期棋王戦五番勝負 第2局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段で「玉は敵の角筋を避けよ」という格言通りに対応した局面

[図1]

上の [図1] は、第43期棋王戦五番勝負 第2局 渡辺明 棋王 対 永瀬拓矢 七段の対局で、58手目に渡辺棋王が△8六飛と指した手に対して、59手目に永瀬七段が▲9八玉と寄った局面。後手は5五にいる角がよく働いているため「玉は敵の角筋を避けよ」で後手の角の働きを弱めた。これで次は▲8六銀と飛車を取ることができる。後手は飛車取り、かつ、角取りなので忙しい展開となった。
関連用語
関連手筋
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -