【将棋格言】
5三のと金に負けなし

格言一覧リンク

「5三のと金に負けなし」の詳細

格言名称
5三のと金に負けなし
読み方
ごさんのときんにまけなし
主な関連駒
出現頻度
☆☆☆☆
説明
「と金」は金と同じ動きするのに、取られると歩に戻るため、非常に駒の価値が高い。先手の場合に、その「と金」が5三(後手の場合は5七)にあると、相手玉やその囲いに近いため、攻めに働く可能性が非常に高いので厳しい、ということ。
好手例
【将棋格言】第59期王位戦七番勝負 第4局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 棋聖で「5三のと金に負けなし」となった局面

[図1]

上の [図1] は、2018年8月22日から23日にかけて行われた第59期王位戦七番勝負 第4局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 棋聖の65手目に先手の豊島棋聖が▲5三歩成と指した局面。と金の攻めが強力なうえに、後手陣の金駒は左右に分断されて働きが悪くなり、「5三のと金に負けなし」で優位に立った。
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -