詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第1問】

目次

1手詰の問題【第1問】

1手詰の詰将棋の問題(第1問)

[第1問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第1問の解答・解説

1手詰の詰将棋の問題(第1問)

[第1問の解答]

▲2二金 までの1手詰。

これが、相手玉の前方(頭)に持ち駒の金を打った
「頭金(あたまきん)」と呼ばれる形です。

最も基本的な詰みの形ですが、よく実戦で出てきます。
玉が1一、1二、3一、3二のマスに逃げると、打った金で玉を取られてしまいます。
玉で2二の金を取ると、2三の歩で玉を取り返されてしまいます。
「金」は相手玉を詰ますのに適した駒だ、ということをしっかりと覚えておきましょう。

将棋では、次に相手から玉を取られてしまうような手を指すことは反則となっています。
つまり、▲2二金と打った時点で、玉側の指す手がないので、詰みとなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -