詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第2問】

目次

1手詰の問題【第2問】

1手詰の詰将棋の問題(第2問)

[第2問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第2問の解答・解説

1手詰の詰将棋の問題(第2問)

[第2問の解答]

▲2二銀成 までの1手詰。

不正解手順で、▲2二金と「金」で詰ましにいく感覚は正しいのですが、
この場合は4四にいる角で△同角と取られてしまいます。
大駒の利きはうっかりしやすいので、要注意です。
「成銀」は「金」と同じ動きをしますので、この問題ではこちらが正解でした。

自分の銀が動く元のマスや動く先のマスが相手陣(上から3段目まで)の場合、
「成(なる)」か「不成(ならず)」かを必ず明記しましょう。
仮に▲2二銀不成ですと△1二玉をかわされて詰みません。
また、盤上の銀を動かして「▲2二銀」という表記になることはないため、不正解です。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -