詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第5問】

- スポンサーリンク -

目次

1手詰の問題【第5問】

1手詰の詰将棋の問題(第5問)

[第5問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第5問の解答・解説

1手詰の詰将棋の問題(第5問)

[第5問の解答]

▲3二飛成 までの1手詰。

▲3二飛成に対して△2二歩のように合駒をすれば手数は伸びそうですが、
詰将棋ではタダで取れるだけの合駒をしてはいけません

「竜」や「馬」のように成った大駒の威力はとても強いです。
対局中は相手玉を詰ます時だけでなく、常に活用するように心がけましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -