詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第7問】

目次

1手詰の問題【第7問】

1手詰の詰将棋の問題(第7問)

[第7問]

point
ここがポイント!
どちらで行くか。





(もう少し下に解答・解説があります。)





第7問の解答・解説

1手詰の詰将棋の解答(第7問)

[第7問の解答]

▲1一馬 までの1手詰。

▲1一桂成も有力そうですが、
2三の桂は「△3一玉と逃がさない」という働きもしていました。
つまり、2三から動いてしまうと△3一玉と逃げられてしまいます。

駒が動くと玉の逃げ道が増えたり減ったりします。
問題図で玉が動けないからと言って、
▲1一馬でも▲1一桂成でも同じだと思わないように注意しましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -