詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第8問】

目次

1手詰の問題【第8問】

1手詰の詰将棋の問題(第8問)

[第8問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第8問の解答・解説

1手詰の詰将棋の問題(第8問)

[第8問の解答]

▲3四角成 までの1手詰。

3四には桂の利きがありますが、△同桂と馬を取ると
3二の竜の利きが通って玉を取られてしまいます。

また、2三に合駒をする手は、そのまま▲同馬と取られて詰みであり、
無駄な手と見なされるため、詰将棋では指しません。

竜と相手玉の間が1マスしか離れていない形は、
「一間竜(いっけんりゅう)」と言われ、厳しい技がかかりやすくなります。
攻める時には「一間竜」を狙い、受ける時には「一間竜」を回避するようにしましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -