詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第2問】

- スポンサーリンク -

目次

3手詰の問題【第2問】

3手詰の詰将棋の問題(第2問)

[第2問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第2問の解答・解説

3手詰の詰将棋の問題(第2問)

[第2問の解答]

▲1三銀 △同桂 ▲2二金 までの3手詰。

初手に▲2二金ですと、3一にいる角の利きを自分で遮ってしまうので、
△1三玉と逃げられてしまいます。。

▲1三銀と捨て駒をして、△同桂と取らせてから▲2二金と打てば、
1三の逃げ道がふさがれているため、詰みとなります。

この問題の形は実戦でよく出てきますので、必ず解けるようにしておきましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -