詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第6問】

- スポンサーリンク -

目次

3手詰の問題【第6問】

3手詰の詰将棋の問題(第6問)

[第6問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第6問の解答・解説

3手詰の詰将棋の問題(第6問)

[第6問の解答]

▲2二香成 △同角 ▲2三桂 までの3手詰。

「もし2三にいる香がいなければ▲2三桂までの1手詰なのに…」
という考え方が必要になります。
(この問題の香のような状態の駒を「邪魔駒」と言います。)

2三にいる香を動かして、▲2三桂を打てるようにしたいですが、
駒得に目がくらんで▲2一香成としてはいけません。
△同玉とされて、△3二玉から逃げる余地を与えてしまいます。

▲2二香成と、あえて途中下車をして、香をただ捨てをすれば、
▲2三桂が実現して詰みとなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -