詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第7問】

- スポンサーリンク -

目次

3手詰の問題【第7問】

3手詰の詰将棋の問題(第7問)

[第7問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第7問の解答・解説

3手詰の詰将棋の問題(第7問)

[第7問の解答]

▲1一飛成 △同玉 ▲2二金打 までの3手詰。

次に△1三玉と上部に逃げられてしまうと、玉が広すぎてとても詰みません。
つまり、最優先事項は「△1三玉と逃がさない」となります。

この問題では▲1一飛成しかなく、△同玉と取らせることで
玉を下段に落とすことができました。
尚、▲1一飛「不」成も一応正解ではありますが、
成っても成らなくても同じときには成るのが将棋のマナーです。

「どっちでも同じでしょ」ではなく
「相手に敬意を表して全力で戦う」という意識を持つようにしましょう。

3手目は、▲2二金打と「打」まで書かなければ不正解です。 ▲2二金では3二にいた金を右に寄ったことになるので、注意しましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -