詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第9問】

目次

3手詰の問題【第9問】

3手詰の詰将棋の問題(第9問)

[第9問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第9問の解答・解説

3手詰の詰将棋の問題(第9問)

[第9問の解答]

▲1九飛 △同玉 ▲2九金 までの3手詰。

入玉の詰将棋は慣れない形なので、少し難しくなります。

この問題では、初手に▲2九金と打つ手が手堅く見えますが、
△1七玉~△2六玉と、いつもとは逆の、下段に逃げられてしまいます。

「玉が1九にいれば▲2九金までの1手詰なのに…」と
詰みの形から考えることができれば、正解にたどり着くまでがグッと早くなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -