詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第10問】

目次

3手詰の問題【第10問】

3手詰の詰将棋の問題(第10問)

[第10問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第10問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第10問)

[第10問の解答]

▲4四金 △同玉 ▲2四飛成 までの3手詰。

非常に難問です。
実戦で現れたら、有段者でも慎重になって時間をかけて詰みであることを確認します。

初手は飛車を成る手や金を打つ手でたくさんの王手があります。
しかし▲2五飛成には△4二玉、▲4三金には△3四玉、▲2四金には△4四玉とされ、
玉が広いのでなかなかうまく捕まりません。

初手の正解は、「両王手(りょうおうて)」狙いの▲4四金です。
とてももったいないような気はしますが、
▲2四飛成とした局面では銀と角と竜が絶妙に利いているので、
どこにも玉が進めません。
玉が本当に逃げられないか、1マス1マス確認してみてください。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -