詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第12問】

目次

3手詰の問題【第12問】

3手詰の詰将棋の問題(第12問)

[第12問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第12問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第12問)

[第12問の解答]

▲3二飛成 △1一玉 ▲2三桂 までの3手詰。

初手に▲3三桂や▲1三桂と打ってしまうと
△1一玉とかわされて、継続する有効な王手がなく、詰みません。
(▲1三桂に対しては△同角でも詰みません。)

また、初手に▲3二角成は△1二玉 ▲3一馬 △2三玉と上部に逃げられてしまいます。
相手玉が広いので、持ち駒が角と桂の2枚では、竜で追っていっても足りません。

正解は初手に▲3二飛成で、△1二玉からの上部脱出を阻止します。
▲3二飛成に対しては△1一玉と逃げる1手ですが、
▲2三桂で「吊るし桂(つるしけい)」の詰みとなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -