詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第16問】

目次

3手詰の問題【第16問】

3手詰の詰将棋の問題(第16問)

[第16問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第16問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第16問)

[第16問の解答]

▲1三金 △同玉 ▲1二竜 までの3手詰。

問題図から△1四玉と逃げられてしまうと上部が広くて詰みません。
よって、初手で△1四玉を防ぐことは絶対です。
しかし、単に▲1二竜では△3二玉と逃げられてしまい、こちらも広くて詰みません。

ここは初手に▲1三金と捨てるのが好手で、金の利きで△1四玉を防いでいますし、
△同玉と取らせることで玉が端に近づくので、
▲1二竜に△3二玉と逃げる手もなくなっていて詰みとなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -