詰将棋:3手詰の問題と解答・解説
【第17問】

目次

3手詰の問題【第17問】

3手詰の詰将棋の問題(第17問)

[第17問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第17問の解答・解説

3手詰の詰将棋の解答(第17問)

[第17問の解答]

▲2一桂成 △同金 ▲2三桂 までの3手詰。

問題図で▲2三桂と打ってしまうと△1二玉と上がられて、次がありません。
盤上にある自分の駒を減らしてしまうのは少しもったいないのですが、
初手は▲2一桂成と捨てるのが正解です。
△1二玉は▲2二竜で詰みですが、持ち駒が余るので正解手順とはなりません。

よって、△同金と取る手順を考えますが、竜の横利きが通ったので、
▲2三桂と打っても△1二玉と逃げられることはなく、詰みとなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -