詰将棋:5手詰の問題と解答・解説
【第4問】

目次

5手詰の問題【第4問】

5手詰の詰将棋の問題(第4問)

[第4問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第4問の解答・解説

5手詰の詰将棋の解答(第4問)

[第4問の解答]

▲1二角成 △同香 ▲3四桂 △2三玉 ▲2一竜 までの5手詰。

もし、3四の角がいなければ、▲3四桂と打つ王手が厳しそうです。
▲3四桂に△1二玉は▲3二竜で詰み(2二の合駒はただで取るだけなので無駄)、
▲3四桂に△2三玉は▲2一竜で詰み(2二の合駒は無駄&2四へは逃げられない)
となります。

それでは▲3四桂と王手で打つ筋を実現できるのでしょうか。
少なくとも3四の角は邪魔ですので、王手で成り捨てる手から考えてみましょう。
王手は▲2三角成と▲1二角成の2通りがありますが、
▲2三角成は△同玉と取られてしまうと、
▲3四桂が王手とならないうえに上部へ脱出されてしまいます。

▲1二角成は△同玉と取られたとき、▲3四桂は王手となりませんが、
▲3二竜が「一間竜(いっけんりゅう)」という強力な寄せの形で
△2二歩のような合駒に対して、▲2四桂と打てば詰みます。
△同香は▲3四桂が王手となる状態を維持できるので、大きな問題はなさそうです。

都合の良い王手や詰め上がりの仮定から逆算して考えましたが、
改めて初手から順番に進めてみて、きちんと詰んでいることを確認しましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -