詰将棋:5手詰の問題と解答・解説
【第10問】

目次

5手詰の問題【第10問】

5手詰の詰将棋の問題(第10問)

[第10問]






(もう少し下に解答・解説があります。)





第10問の解答・解説

5手詰の詰将棋の解答(第10問)

[第10問の解答]

▲2二飛 △同竜 ▲3三桂 △同竜 ▲1二馬 までの5手詰。

初手が難しい問題です。
竜の守りが非常に強力なので、位置をずらして無力化をする必要があります。

初手で▲3三桂は考えられますが、△同角と取られると
竜の位置が変わっていないので失敗です。

▲3三桂を△同竜と取らせるためには…?

なんと▲2二飛と焦点に捨てる手がありました。
△同角や△同玉は▲1二桂成までの詰みなので、△同竜と取るしかありません。
それから▲3三桂と打てば、飛車を飛び越えて△同角とはできませんので、
△3三同竜を実現することができました。

最後も▲1二桂成としてしまうと、△3二玉と逃げられてしまうため、
気を緩めずに▲1二馬とします。

この問題、持ち駒が飛車ではなく歩だと、もう少し解きやすいかもしれません。
そこは意地悪なのですが、本将棋で滅多に現れないような派手な手も、
詰将棋では先入観を捨てて、しっかりと平等に読む必要があるのです。

詰将棋を解いている(あるいは作っている)と、
改めて、将棋の可能性に驚かされることも多いです。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -