詰将棋:7手詰の問題と解答・解説
【第2問】

目次

7手詰の問題【第2問】

7手詰の詰将棋の問題(第2問)

[第2問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第2問の解答・解説

7手詰の詰将棋の解答(第2問)

[第2問の解答]

▲4一銀 △2二玉 ▲5二飛成 △同金 ▲3二金 △1二玉 ▲2二金 までの7手詰。

実戦でも▲5二金と指すことなく、きちんと詰ましたい形です。
現状は玉方の金2枚が外堀のような役割を果たしており、玉への脅威を緩和しています。

初手は▲4一銀と打つのが手筋です。
△同玉と近づいてくれれば▲4二金打から詰みますので、
△2二玉とかわしますが、堀の内側に攻めの拠点ができました。

あとは手順前後に気を付けるだけです。
先に▲3二金と打ってしまうと、△1二玉で最後の1枚が足りませんので、
▲5二飛成と王手で質駒を補充してから2枚の金を並べて詰みです。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -