【将棋用語】
詰み

将棋用語一覧リンク

「詰み」の詳細

将棋用語
詰み
読み方
つみ
説明
特に玉について、次に取られる状況になっているにも関わらず、どのような指し手を選んでも取られることを回避できない状態。あるいは、取られることをしばらくは回避できるものの、相手が取ろうとする手を続けることで、いずれは回避できなくなる状態であること。「即詰み」と同様の意味になるが、ルールに関する話をする場合には「詰み」という単語を使うことの方が多い。
どちらにしても勝負がつくことになるため、両者の区別を付けずに使われることが多い。そして、前者であることを強調する場合は「詰め上がり」「詰み上がり」「完全に詰み」のように言われる。また、「詰め上がりの状態にする」ことを「詰ます」、「詰め上がりが実現できるか否かに関わらず、それを目指す」ことを「詰ましにいく」と言う。
尚、玉の「詰み」の場合、例外として、玉以外の駒をすべて取られている状況(全駒)では、王手がかかっていなくても、玉が動けなければ、ルール上で認められた手を指すことができない(相手の駒が利いているマスへ玉を移動してはならない)ため「詰め上がり」となる。
将棋において、相手玉の「詰み・詰め上がり」は目指すべき最終目標の1つであるが、「投了」というルールが存在するため、必ずしも「詰み・詰め上がり」まで指す必要はない。玉が「詰め上がり」となれば、その状態で終局となり、それ以上指すこと(王手を放置したり、玉を差し出したりするような指し手)はルール違反となる(もちろんマナー違反でもある)。
用例
「この局面では角打ちから詰みがある。」
「銀を打たれると飛車が詰んでいる。」
【将棋用語】頭金で「詰み」となる部分図

[図1]

上の [図1] は、最も基本的な「詰み」の形である頭金。玉が1一、1二、3一、3二のマスに逃げると、打った金で玉を取ることができる。そして、玉で2二の金を取ると、2三の歩で玉を取り返すことができる。つまり、▲2二金と打った時点で、王手を回避できる手がないので「詰み」となる。
【将棋用語】全駒によって「詰み」となる局面

[図2]

上の [図2] は、先手が相手玉以外のすべての駒を取っている局面。これまで後手玉は△9一玉⇔△9二玉と往復し続けていたが、先手が8三に と金を入ったことにより、9二に利きが生じて△9二玉という指し手がなくなった。ルール上パスはできないし、唯一の駒である玉について、ルール上認められた動かし方がないので、王手はかかっていないが「詰み」となる。
関連用語
関連手筋
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -