【将棋格言】
歩のない将棋は負け将棋

格言一覧リンク

「歩のない将棋は負け将棋」の詳細

格言名称
歩のない将棋は負け将棋
読み方
ふのないしょうぎはまけしょうぎ
主な関連駒
出現頻度
★★★★★
説明
歩は数が多く、最も価値が低い駒と言われている。しかし、その使い道が最も多い駒でもある。中盤以降で、持ち駒に歩が1枚もないと、攻めにおいては、端攻め・継ぎ歩・垂れ歩・歩の打ち捨てなどができない。そして、受けにおいては、飛・角・香で攻められたときに、価値の高い駒を合駒に使わなければならない。
つまり、手の選択肢が狭くなるので、持ち駒に歩があるようにしておくとともに、相手の持ち駒に歩がない場合は、歩を渡さないようにすると良い場合が多い、ということ。
「一歩千金」という格言と同じことを表している。
好手例
【将棋格言】第31期竜王戦七番勝負 第4局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段で「歩のない将棋は負け将棋」となった局面

[図1]

上の [図1] は、2018年11月24日から25日にかけて行われた第31期竜王戦七番勝負 第4局 羽生善治 竜王 対 広瀬章人 八段の104手目に後手の羽生竜王が△8六同歩とした局面。先手は次の△8七歩成を防ぐ必要があるものの、▲8八歩と打つ1歩がなく「歩のない将棋は負け将棋」となっていた。本譜で先手の広瀬八段は、止む無く▲8四桂と打って受けたが、持ち駒の桂を使ってしまったうえ、8七の隙は解消されておらず、受け方としては不満である。
関連手筋
関連格言

 

格言一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -