詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第10問】

目次

1手詰の問題【第10問】

1手詰の詰将棋の問題(第10問)

[第10問]

point
ここがポイント!
玉の逃げ道は1つです。





(もう少し下に解答・解説があります。)





第10問の解答・解説

1手詰の詰将棋の解答(第10問)

[第10問の解答]

▲1一飛成 までの1手詰。

大駒2枚の攻めなので、▲3二飛成や▲1一角成も迫力がある王手です。
しかし、△1三玉と逃げられてしまうと追っていくことができません。

▲1一飛成ならば、△1三玉と逃げることができません。

「ここに逃げられると困る」ということを先に考えて、
「そこには逃げられないような王手をする」というのが詰将棋を解くコツです。

尚、▲1一飛不成と、あえて飛車を成らない手も一応正解です。
しかし、将棋では、相手に対して常に全力で戦う姿勢を見せることが、
相手を尊重しているという点でマナーの1つとされています。

駒を成ることができる場合には、なるべく成るようにしましょう。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -