詰将棋:5手詰の問題と解答・解説
【第17問】

目次

5手詰の問題【第17問】

5手詰の詰将棋の問題(第17問)

[第17問]





(もう少し下に解答・解説があります。)





第17問の解答・解説

5手詰の詰将棋の解答(第17問)

[第17問の解答]

▲1三銀 △同玉 ▲3一角 △1二玉 ▲2二角成 までの5手詰。

持ち駒が角と銀で、詰ますにはあまり向いていないので、
戦力的に馬が欲しい状況です。
そして、それを王手の連続で実現するための初手銀捨てとなります。

かなり大事な基本手順なので、実戦でも逃さないようにしたいところです。
有段者を目指すのであれば、「1つ1つ王手を読む」という作業をすることなく、
「パッと見ただけで詰んでると判断できる」ようにしておきたいです。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -