詰将棋:1手詰の問題と解答・解説
【第27問】

目次

1手詰の問題【第27問】

1手詰の詰将棋の問題(第27問)

[第27問]

point
ここがポイント!
飛車の行き先は…





(もう少し下に解答・解説があります。)





第27問の解答・解説

1手詰の詰将棋の解答(第27問)

[第27問の解答]

▲1二飛成 までの1手詰。

問題図で王手をするためには、
4二の飛車を動かして、5三の角で開き王手をするしかありません。

よって、どこに飛車を成れば良いかということを考える必要があります。

まず、▲6二飛成と左側に大きく離れてしまうと、△2一玉で王手が続きません。
▲5二飛成や▲4三飛成は筋が良い手で、
玉が逃げた後に▲4一竜と角を取ることはできますが、
その間に、△2一玉~△1二玉のように逃げられてしまいます。

この問題では、攻め駒が2枚しかなく、玉を追いまわして詰ます戦力まではないため、
玉を3一から動かさないことがポイントでした。
竜を二段目に残したまま、2一に利かす手は▲1二飛成しかなく、
4二に合駒をすることもできない(無駄合い)ため、詰みとなります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -