様々な囲いの概要

目次

囲いとは

将棋では相手がいますので、いつも自分が攻めてばかり、という訳にはいきません。
相手が攻めてきたときでも、しっかりと対応できるように、あらかじめ玉を安全にしておくことが重要です。

玉を守るための陣形を「囲い(かこい)」と言います。
多くの場合、飛車の近くで戦いが起こりますので、玉を飛車から遠ざけて、金や銀を玉の近くに移動します。
つまり、居飛車と振り飛車では、少し囲いが異なります。
このページでは居飛車と振り飛車のそれぞれで、よく登場する囲いをまとめました。

主に居飛車における囲い

矢倉の概要

将棋で「矢倉」と言われる囲い

[図1]

上の [図1] は「矢倉(やぐら)」と言われる囲いの一例です。
主に相居飛車で登場します。上部と斜めからの攻撃に対して強い囲いです。
細かく分類すると、金銀の組み合わせや配置の違いから 「カニ囲い」「総矢倉」「金矢倉」「銀矢倉」「片矢倉」「菱矢倉」「銀立ち矢倉」「菊水矢倉」「ミレニアム」「へこみ矢倉」 などがあります。

雁木の概要

将棋で「雁木」と言われる囲い

[図2]

上の [図2] は「雁木(がんぎ)」と言われる囲いの一例です。
主に相居飛車で登場します。上部からの攻撃に対して強く、矢倉よりも手数がかからない囲いです。

船囲いの概要

将棋で「船囲い」と言われる囲い

[図3]

上の [図3] は「船囲い(ふながこい)」と言われる囲いの一例です。
主に対抗形で、横からの攻撃に対して距離を取りつつ、早めに攻めていくことができる囲いです。 ここから、さらに堅い囲いにすることも多いです。

天守閣美濃の概要

将棋で「天守閣美濃」と言われる囲い

[図4]

上の [図4] は「天守閣美濃(てんしゅかくみの)」と言われる囲いの一例です。
主に対抗形で登場します。横からの攻撃に対して強く、角の利きを生かしやすい囲いです。

左美濃の概要

将棋で「左美濃」と言われる囲い

[図5]

上の [図5] は「左美濃(ひだりみの)」と言われる囲いの一例です。 「美濃囲いと言えば振り飛車の囲い」という印象が強いため、あえて「左」と付けていますが、単に「美濃囲い」とも言います。
(「居飛車で美濃囲い」と言えば「左美濃」のことになります。)
主に対抗形で登場します。横からの攻撃に対して強い囲いです。

銀冠(居飛車)の概要

将棋で「銀冠」と言われる囲い(居飛車)

[図6]

上の [図6] は「銀冠(ぎんかんむり)」と言われる囲いの一例です。
主に対抗形で登場します。上部と端と横からの攻撃に対して強い囲いです。

穴熊(居飛車)の概要

将棋で「穴熊」と言われる囲い(居飛車)

[図7]

上の [図7] は「穴熊(あなぐま)」と言われる囲いの一例です。
主に対抗形で登場します。王手がかからないように駒を密集させた、とても堅い囲いです。
細かく分類すると、金銀の組み合わせや配置の違いから 「銀冠穴熊(ぎんかんあなぐま)」「ビッグ4(ビッグフォー)」「松尾流穴熊」 などがあります。

中住まいの概要

将棋で「中住まい」と言われる囲い

[図8]

上の [図8] は「中住まい(なかずまい)」と言われる囲いの一例です。
主に相居飛車の横歩取りという戦法で登場します。左右の金で自陣全体のバランスを取った囲いです。

中原囲いの概要

将棋で「中原囲い」と言われる囲い

[図9]

上の [図9] は「中原囲い(なかはらがこい)」と言われる囲いの一例です。
主に相居飛車の横歩取りという戦法で登場します。堅さや低さなどのバランスが良い囲いです。

右玉の概要

将棋で「右玉」と言われる囲い

[図10]

上の [図10] は「右玉(みぎぎょく)」と言われる囲いの一例です。
主に対抗形で登場します。自陣全体のバランスを重視した囲いです。

その他の囲い(居飛車)の概要

「セメント囲い」「いちご囲い」「ボナンザ囲い」「初心者囲い」「あひる」などがあります。 また、名前がついていない囲いも多数あります。

主に振り飛車における囲い

美濃囲いの概要

将棋で「美濃囲い」と言われる囲い

[図11]

上の [図11] は「美濃囲い(みのがこい)」と言われる囲いの一例です。
対抗形でも相振り飛車でも登場します。バランスが良く、組みやすい囲いです。
細かく分類すると、金銀の組み合わせや配置の違いから 「片美濃」「本美濃」「高美濃」「銀美濃」「ダイヤモンド美濃」「木村美濃」 どがあります。

銀冠(振り飛車)の概要

将棋で「銀冠」と言われる囲い(振り飛車)

[図12]

上の [図12] は「銀冠(ぎんかんむり)」と言われる囲いの一例です。
主に対抗形で登場します。上部と端と横からの攻撃に対して強い囲いです。

穴熊(振り飛車)の概要

将棋で「穴熊」と言われる囲い(振り飛車)

[図13]

上の [図13] は「穴熊(あなぐま)」と言われる囲いの一例です。
対抗形でも相振り飛車でも登場します。王手がかからないように駒を密集させた、とても堅い囲いです。
細かく分類すると、金銀の組み合わせや配置の違いから 「銀冠穴熊(ぎんかんあなぐま)」「ビッグ4(ビッグフォー)」 などがあります。

金無双・二枚金の概要

将棋で「金無双・二枚金」と言われる囲い

[図14]

上の [図14] は「金無双(きんむそう)」あるいは「二枚金(にまいきん)」と言われる囲いの一例です。
主に相振り飛車で登場します。上部からの攻撃に備えて低く構えた、組みやすい囲いです。

右矢倉の概要

将棋で「右矢倉」と言われる囲い

[図15]

上の [図15] は「右矢倉(みぎやぐら)」と言われる囲いの一例です。 「矢倉と言えば居飛車の囲い」という印象が強いため、あえて「右」と付けていますが、単に「矢倉」とも言います。
(「振り飛車で矢倉」と言えば「右矢倉」のことになります。)
主に相振り飛車で登場します。上部と斜めからの攻撃に強い囲いです。

その他の囲い(振り飛車)の概要

「最強囲い・無敵囲い」の他、名前がついていない囲いも多数あります。

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -