【将棋用語】
うっかり

将棋用語一覧リンク

「うっかり」の詳細

将棋用語
うっかり
読み方
うっかり
説明
形勢を損ねる重大な読み抜けのこと。「ポカ」と同じ意味になる。
読み抜けたかどうかの基準は、冷静に考えればほとんどの場合に気付くことができるかどうか、ということになる。そのため、度合いは棋力によって変わってくるが、「王手飛車取り」のような両取りで、かつ単に王手を受けた後に駒をタダで取られるだけのような場合は、初心者からプロまで共通したうっかりである。
用例
「銀ばさみをうっかりしていた。」
関連用語

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -