【将棋用語】
うっかり

将棋用語一覧リンク

「うっかり」の詳細

将棋用語
うっかり
読み方
うっかり
説明
形勢を損ねる重大な読み抜けのこと。「ポカ」と同じ意味になる。
読み抜けの度合いは棋力によって変わる。例えば、相手玉に対する15手詰を逃した場合、プロであれば「うっかり」した部分があるはずだが、アマチュア級位者であれば仕方ないと言える。そして、「王手飛車取り」のような両取りで、単に駒をタダで取られてしまった場合は、初心者からプロまで共通した「うっかり」である。
用例
「銀ばさみをうっかりしていた。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -