【将棋用語】
パンツを脱ぐ

将棋用語一覧リンク

「パンツを脱ぐ」の詳細

将棋用語
パンツを脱ぐ
読み方
ぱんつをぬぐ
説明
穴熊で玉の隣にいる初期位置の桂が攻めのために跳ねること。
堅さを求めて穴熊に組んだのに重要な守り駒の桂を跳ねるというのは、一般的な将棋の考え方において矛盾している。そのため、囲いの弱体化の様子や「こんな手を指しているようでは…」というネガティブな意味合いが強めに込められた例えとなっている。
稀に攻めの好手となる場合もあるが、基本的には指さない方が良い。
用例
【将棋用語】穴熊で「パンツを脱ぐ」手を指した部分図

[図1]

上の [図1] は、穴熊の一部であった2九の桂を▲3七桂と跳ねて「パンツを脱いだ」部分図。
【将棋用語】第4期叡王戦段位別予選九段戦 福崎文吾九段 vs 屋敷伸之九段 で「パンツを脱ぐ」手を指した局面

[図2]

上の [図2] は、第4期叡王戦段位別予選九段戦 福崎文吾九段 vs 屋敷伸之九段の55手目に先手の福崎九段が2九にいた桂を▲3七桂と跳ね、いわゆる「パンツを脱ぐ」手を指した局面。4五を争点として、積極的に攻める意味合いがあり、主導権を握る好手であった。
【将棋用語】第59期王位戦七番勝負 第7局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 棋聖で「パンツを脱ぐ」とされた手を指した局面

[図3]

上の [図3] は、2018年9月26日から27日にかけて行われた第59期王位戦七番勝負 第7局 菅井竜也 王位 対 豊島将之 八段の73手目に先手の豊島棋聖が8九にいた桂を7七へ跳ねた局面。いわゆる「パンツを脱ぐ」手で、先手の穴熊が一気に弱体化したが、桂跳ねによって6五の地点に利きを足し、後手の攻めを押さえ込む有力な指し手であった。
関連用語
関連格言

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -