【将棋用語】
一目

将棋用語一覧リンク

「一目」の詳細

将棋用語
一目
読み方
ひとめ
説明
その局面をちょっと見ること。
特に、局面を見て最初に感じた形勢や思い付いた手を言う場合に「深く読んでいないから間違っているかもしれないけど」という意味合いを持たせるために使われることが多い。「第一感」と同様の使い方、及び、意味合いになる。
主に過去の経験に基づいた判断となっているため、棋力の高い人ほど正確・好手である確率が高くなる。
用例
「後手玉は一目詰みだ。」
「この局面は一目先手がいい。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -