【将棋用語】
下手

将棋用語一覧リンク

「下手」の詳細

将棋用語
下手
読み方
したて
説明
対局者の棋力に差がある場合に、棋力が下の対局者のこと。
特に、駒落ちのハンディキャップを付ける場合に使われる。さらに駒落ちの場合は、駒を落としている「上手」が必ず先手になるため、「先手」「後手」という表現が「上手」「下手」という表現に変わる。盤面の見方は「下手」が下側(平手戦の先手と同じ)になるため、例えば飛車落ちの「上手」が初手に角道を開けるための歩を突いたとすると、初手「3四歩」となるあたりは少し分かりづらいかもしれない。
マナーとして「上手」と「下手」に分かれた場合は「上手」が「王(おう)」、「下手」が「玉(ぎょく)」を使用する。但し、「下手」が年上など、棋力以外に条件(上下関係)がある場合には、譲り合うなどして適宜対応することが望ましい。
用例
【将棋用語】2枚落ちの「下手」の手番となる局面

[図1]

上の [図1] は、2枚落ちで、初手に上手(うわて)が△6二銀と指した局面。2手目に「下手(したて)」は▲7六歩のように大駒を使っていくのが良い。
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -