【将棋用語】
不満がない

将棋用語一覧リンク

「不満がない」の詳細

将棋用語
不満がない
読み方
ふまんがない
説明
部分的に見て、形勢が良いと判断できる状況になること。
全体的な形勢としては、互角または有利である場合に使われることが多い。
例えば、序盤ですんなりと穴熊に組むことができて玉の堅さに差が生じたり、自分だけ拠点を作ることができたり、小競り合いの続く中でわずかに駒得したりするような場合に、他であまりマイナス要素がなければ「不満がない」と言える。
用例
「この局面は桂が捌けたので、振り飛車側に不満がない。」
関連用語

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -