【将棋用語】
二枚替え

将棋用語一覧リンク

「二枚替え」の詳細

将棋用語
二枚替え
読み方
にまいがえ
説明
対局者Aの駒1枚と対局者Bの駒2枚が交換となること。
特に対局者Aの駒1枚が対局者Bのそれぞれの駒よりも価値が高い場合に使われる。持ち駒を2枚手に入れた方(対局者A)が「二枚替えをした」となる。
もっとも一般的な、大駒(飛・角)1枚と金駒(金・銀)2枚の交換では、金駒2枚を持ち駒にした方が有利とされる。銀1枚と桂・香2枚のような組み合わせも二枚替えをした方が有利となることが多い。
「二枚替えなら歩ともせよ」という格言もあるくらい有効な手筋ではあるが、さすがに大駒1枚と歩2枚の交換は劣勢に陥るので真に受けてはいけない。
用例
「角と金銀の二枚替えで優勢になる。」
関連格言

 

将棋用語一覧リンク

- スポンサーリンク -

- スポンサーリンク -